薬剤師の知識の泉

薬剤師の仕事をしています。某調剤薬局に勤務しています。薬剤師の仕事や転職、OTC医薬品(市販薬)なのどの情報を紹介していこうと思います。

薬剤師

薬剤師の転職

changejob

今は調剤薬局に勤めていますが薬剤師になって初めは病院に勤めていました。病院で8年調剤に携わってきて、仕事はこの先も続けたいと思っていましたが残業や土曜出勤が多い職場でした。

子どもとなかなかコミュニケーションをとれない状況を懸念し、転職を考えるようになりました。

転職先の希望条件は、土日祝休みで、残業がなく18時退社が可能な環境でした。さらに、これまで通り正社員として働き、年収を維持できればと思っていました。

「長く働く」という住い意志で採用に希望条件を考慮すると、病院よりも薬局のほうが実現の可能性が高いと伺いましたが、薬局勤務は未経験のため、当初はかなり躊躇がありました。

しかし、病院と薬局の業務の違いなどを丁寧にご教示いただけたことで不安が解消し、調剤の経験は十分にあると励ましていただきました。面接では、今後も薬剤師を続けたいからこそ、無理のない勤務条件で働きたいということ、仕事にとても前向きで、経験も豊富な点をアピール。

「長く働きたい」という強い思いが伝わったようで、今の調剤薬局の職場に内定をいただくことができました。

勤務時間が希望通りになった他、正社員、年収アップも実現でき、大変嬉しく思ったのを覚えています。

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏みだすと思っていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。

そうならないためにも、転職のプロだちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

ポイントは1社だけでなく、最低3社は登録して求人情報を見比べることが大事です。

これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。

いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタ卜に相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてください!

私がお世話になった薬剤の転職サイトはメディカルの薬剤ドットコムです。

詳しくはこちら→業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録







転職が決まると最大40万円のお祝い金でる薬剤師の転職サイト

tensyoku

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービス「ジョブデポ薬剤師転職・薬剤師求人の会員登録

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーに仕事が紹介されます。

入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼントされます!

給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉してくれます!

またジョブデポは病院の薬剤師の転職案件が非常に多いのも魅力的です。

転職を考えている薬剤師の方はぜひ
詳しくはこちら→ジョブデポ薬剤師転職・薬剤師求人の会員登録


転職について

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏みだすと思っていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。

そうならないためにも、転職のプロだちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

ポイントは1社だけでなく、最低3社は登録して求人情報を見比べることが大事です。

これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。

いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタ卜に相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてください!


薬剤師のOTC一般薬の選び方③便秘薬の使用

pharmacist

まずは整腸剤、便秘薬を使うなら刺激の少ないものから


便秘に伴う腹痛や膨満感があまり強くない場合は、まず整腸剤で様子を見てください。

即効性があるわけではないのですが、続けて服用することで徐々に腸内環境が整いますので、正常に腸が動くことが期待されます。

便秘薬は習慣性になることがあるため、初めて使う方には、刺激の少ない酸化マグネシウムなどの塩類下剤をおすすめします。

また、効果の大きい刺激性下剤の中にも比較的作用が穏やかなものもありますので、症状次第でドラッグストアの薬剤師に相談してみてください。

生活のポイント
便秘やお腹の張りは腸内環境の乱れが大きな原因です。
食物繊維が多い食材を取り入れ、水分をたっぷり取ることを意識してください。







薬を飲みやすくする方法

drink


「一包化」調剤といって数種類の薬を1回分ずつひとつの小さな袋にまとめる方法があります。

薬の種類が多くて管理が大変な場合や、握力が弱くて薬を包装しているシートから出すのが難しい人には便利です。

錠剤を飲み込みにくい場合は、すべての薬ではありませんが、砕いて粉薬にすることも可能です。

お近くの薬局で相談してみてください。

また薬は、いろいろなものに影響を受けます。たとえば薬の種類によっては、お茶や牛乳に含まれる成分の影響で薬の効果が下がったり上がりすぎたりしてしまうものもあります。

原則、水で服用してください。気になる方は、ぜひ薬剤師に相談してみてください







薬剤師のOTC一般薬の選び方②ダイエット、痩せる

diet

薬剤師になってからよく友人にやセルのいい薬やサプリについてどれがいいのかよく聞かれます。
そんなとき私は、代謝を促すアドバイスをします。

痩せたい人はどうしても過度な食事制限をしがちですが、体が飢餓状態に備えようとするため、痩せにくい体質になってしまい逆効果です。

むしろ必須栄養素をしっかり取って、体調を整えることを心がけましょう。

ビタミンB1は糖質、B2は脂質、B6はタンパク質の代謝に必要なので、これらが不足すると食事で体内に入った栄養がエネルギーに変換されにくくなります。

アミノ酸は体脂肪の燃焼や基礎代謝に関係するものが多いですし、食物繊維が不足すると便秘になりやすくなり、老廃物をスムーズに排泄できなくなってしまいます。

こうしたことに気を付けつつ、適度な運動で消費カロリーを増やせばさらに効果が出るはずです!







ギャラリー
  • 薬剤師の転職
  • 「医薬品」と 「医薬部外品」の違い
  • 転職が決まると最大40万円のお祝い金でる薬剤師の転職サイト
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方③便秘薬の使用
  • 薬を飲みやすくする方法
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方②ダイエット、痩せる
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方①とまらない、のどに痛みがある場合
  • 薬は病院でなくなぜ薬局でもらうようになった
  • 調剤薬局の薬剤師のお仕事
  • ライブドアブログ