薬剤師の知識の泉

薬剤師の仕事をしています。某調剤薬局に勤務しています。薬剤師の仕事や転職、OTC医薬品(市販薬)なのどの情報を紹介していこうと思います。

薬剤師の仕事

薬は病院でなくなぜ薬局でもらうようになった

medical

医師と薬剤師がそれぞれ独立した専門的な立場から、より安全で効果的な医療を提供することを目的に、病院や診療所では医師が薬の処方せんを発行し、薬局では処方された薬を調剤することが進められました。

メリットとしては、複数の医療機関から処方せんをもらった場合でも、同じ薬局や「おくすり手帳」を活用することで、飲み合わせの悪い薬が出ていないか、同じような薬が重複して出ていないかなどをチェックでき、より安全に薬が使用できる患者自身が処方せんを目にすることで、自分の服用している薬について知ることができる。

薬剤師から詳しく説明を聞くことで薬に対する理解が深まり、より安全かつ適切に薬が使用できるなどがあります。

薬局は時間がかかる

薬剤師は、処方せんに書いてある薬を渡す前に、まず以前の患者情報を参照し、適切な薬が処方されているかを確認します。その上で、

・薬の量や使い方に問題がないか

・他の疾患に影響が出ないか

・他に飲んでいる薬と飲み合わせの問題はないか

・アレルギーがある場合、症状を悪化させないか

・控える必要のある食べ物があるか

などを確認しています。

必要があれば医師に疑義照会をかけ、薬の種類や量が変更される場合もあります。







調剤薬局の薬剤師のお仕事

pharmacist

都内の調剤薬局で薬剤師の仕事をしています。 処方せんの薬を出すだけが、調剤薬局の仕事では、ありません。意外に知られていない機能や、便利な使い方がたくさんあります。

調剤とは、医療機関が処方した薬をその通リにそろえるだけの仕事ではありません。

薬局といえば、待ち時間の長さを連想する人が多いかもしれないが、これには理由があります。


薬剤師の仕事は単に指示された薬を出すだけではなく、様々な手順を踏んでいるのです。


薬剤師が処方の内容を正しく理解し、処方せんに基づいた厳格な調製を行い、その患者の持っている諸条件を十分把握したうえで、正しく服薬してもらえるように指導するまでの一連の業務すべてをいいます。

薬剤師が、その専門性を発揮し、薬物治療をサポートしていきます。

私の調剤薬局で薬剤師の仕事を紹介します。

調剤業務の流れ
処方せんに基づき、医薬品を患者に提供するのが、調剤薬局のメインの業務です。

疑義照会
どの段階であっても、処方に疑問が生じたり、間違いが判明したりすることはあります。そうした場合は、薬剤師が勝手に処方変更せず、医師に直接電話をしたり、病院薬剤師から連絡してもらうなど、どんなわずかなことでも医師への確認が必要になります。

処方箋受付
処方せんとおくすり手帳を預かり、薬剤師が患者からのヒアリングを基に、処方に問題がないかを確認

処方箋入力・初期鑑査
処方せんの内容をレセプトコンピューターに入力。処方内容、質問票、薬歴情報を確認

薬剤調整
管理された調剤室で、マニュアルや内規に基づいて正しく行う

最終鑑査
すべての薬が正しく調剤されているかを最終点検

服薬指導・薬歴記録
薬の効能・効果・用法・用量,服用上の注意点をわかりやすく説明。
患者からの質問にも答える

薬剤交付
患者と一緒に薬の内容を確認し、間違いがなければ、薬を渡す

お会計







ギャラリー
  • 薬剤師の転職
  • 「医薬品」と 「医薬部外品」の違い
  • 転職が決まると最大40万円のお祝い金でる薬剤師の転職サイト
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方③便秘薬の使用
  • 薬を飲みやすくする方法
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方②ダイエット、痩せる
  • 薬剤師のOTC一般薬の選び方①とまらない、のどに痛みがある場合
  • 薬は病院でなくなぜ薬局でもらうようになった
  • 調剤薬局の薬剤師のお仕事
  • ライブドアブログ